忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
「組み体操批判」は正しいけど、10年後の若者を批判しない覚悟はできてる?
  学校の運動会で組み体操による事故が多発していることを受け、文部科学省は対策に乗り出す方針を決めた。春の運動会シーズンに間に合うよう、3月末までに各地の教育委員会などに安全確保策を求める考え。
組み体操、安全策要請へ 文科省、事故多発で各教委に
…「組み体操批判」は正しいけど、10年後の若者を批判しない覚悟はできてる?
 ま、もちろん、
 組み体操は安全性に問題があるし、
 加えて、それを必須にする意味なんて全くない。
 ただ、学校というのは、
 現状、結局は「疑似軍隊=企業戦士養成機関」。
 時間厳守、
 集団行動の中で先生(上司)の顔色を読む、
 集団の空気を読んで行動する、
 これこそが、学校のヒドゥン=カリキュラムであって、
 組み体操は、その点で格好の訓練課程に他ならない。
 さて、組み体操を批判して、
 今後は、生徒たちに、
 法律教育とかを考える教材として、
 
「かつては、こんな愚行をやってたわけですが、
 法律上の問題点を考えましょう」
 といった流れになることも、
 十分あり得る、と思う。
 個人的には、そうすべきだとも思う。
 ただ、これって、
 
 これまでの学校のヒドゥン=カリキュラムに、
 抵触する部分が出てこないか?
 具体的に言えば、
 組み体操廃止後世代の子供たちが、
 会社に入って、上司の(あいまいな)指示に対して、
「これは、法律上問題ないのですか?」
「この指示は、job description(職務指示書)に記載がないですが」
 とか言ってきたら……
 今、組み体操を批判している人たちは、
 それに耐えられますか?
 決して、そのような新人たちに対して、
 「組み体操世代」とか、ネーミングしないよう願いたい。


 
髭脱毛ならレーザーで!「メディエススキンクリニック」

ハゲ親父の時事放談 てきとうニュース解説ブログ
PR
【2016/02/17 20:51 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<やっぱり、買収劇はシャープには決まらない、か | ホーム | 日本でも一刻も早く「スパイ防止法」が必要、と言いたいところだが>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>